〒279-0002
千葉県浦安市北栄1-12-25
ウィング・エフ4F

047-351-1033

メインメニューを開く
診療案内

皮膚科

お子様からご高齢の方まで、お肌のお悩みでしたら、何でもご相談ください。
アトピー性皮膚炎、じんましん、湿疹、尋常性乾癬、脂漏性皮膚炎、帯状疱疹、ニキビ、水虫、たむし、イボ、とびひ、ほくろ、あざ、シミ等、皆様のお悩みにお答えいたします。
なお、レーザーや男性型脱毛症(AGA)内服薬などの自由診療の料金については、下記「自費料金」の項目をご覧ください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が慢性的に繰り返す皮膚病で、喘息や花粉症と言ったアレルギーにかかりやすい体質(アトピー素因)の人に多く起こります。アトピー性皮膚炎は強いかゆみがあること、年齢によって特徴的な湿疹が生じること、症状が6カ月以上繰り返すこと(乳児では2カ月以上)によって診断されますが、よく似た発疹を呈する他の皮膚病を鑑別する必要があります。治療の基本は、炎症を抑えるステロイドやタクロリムスのつけ薬と、かゆみを鎮める抗ヒスタミン薬の飲み薬による薬物治療、炎症を予防するためのスキンケア(洗浄や保湿)、患者様によって異なる悪化要因を見つけて回避することで、どれもが大切です。

じんましん(蕁麻疹)

じんましん(蕁麻疹)は大小の発疹が全身または一部の皮膚に現れ、強いかゆみを伴う症状です。アレルギー体質の方に多く現れるともいわれますが、外部からの刺激や感染症、食品(サバ、エビ、卵など)などの要因でも発症するので、はっきりとした原因は分かっていません。 治療には内服の抗アレルギー剤を処方します。

尋常性乾癬

「乾癬(かんせん)」は炎症性角化症の代表的な皮膚病で、皮膚が赤く盛り上がり、銀白色のフケ(鱗屑)が多量に付着する皮膚の病気です。 乾癬にはいくつか種類がありますが、皮膚のみに症状が表れる「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)」が一般的です。 発症の原因は特定されておりませんが、乾癬を悪化させる原因は、過度のストレス(肉体的、精神的)、偏食、風邪などの感染症などです。

帯状疱疹

帯状疱疹はヘルペスウイルスの一種である水痘帯状疱疹ウイルスが原因で起こります。水痘(みずぼうそう)罹患後、潜伏していたウイルスが、ストレスや老化、過労、病気などによる免疫低下などが契機となり再活性化し、帯状疱疹として発症します。帯状疱疹がうつることはありませんが、水痘にかかったことのない人にはうつる可能性があります。その場合は帯状疱疹ではなく、水痘として発症します。
通常は生涯に一度しか発症しませんが、免疫低下などでまれに再発することがあります。

症状は一定の神経支配領域に一致した皮膚に沿って、帯状に小さな水ぶくれが多数出現します。一般に体の左右どちらか片側にのみ症状が出ます。体のどの部分にもできますが、顔面に生じた場合は眼症状や顔面神経麻痺等合併することがあり、注意が必要です。

治療は抗ヘルペスウイルス薬の内服、疼痛などの症状により、鎮痛剤やビタミン剤などを使用します。また、体力が落ちているときに発症する病気なので、安静にすることも大切になります。

また、当院ではワクチンの接種も行っております。
費用:8,800円(税込)
接種対象者:50歳以上の方
※免疫機能に異常のある疾患を有する方、免疫抑制をきたす治療を受けている方、妊婦の方は接種を受けることはできません。

皮脂欠乏性湿疹

一般に、皮膚のうるおいは主に皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。ドライスキンとは皮膚の乾燥した状態で、多くは季節、加齢、生活環境などの要素によって、皮膚への水分・皮脂の補給が低下したり、皮表からの水分の消失が増加し、角層が乾燥するために生じます。特に加齢に加え、乾燥した冬季においては、角層の水分保持能力がより低下し、一層症状は増悪します。乾燥および加齢はかゆみ閾値を低下させるため、温度・湿度の差や摩擦など、軽度の刺激でかゆみを自覚します。かゆみが増強し掻破することによって、紅斑、丘疹、びらん、痂皮などを伴った皮脂欠乏症湿疹の状態になります。冬季は空気が乾燥するだけでなく、室内は暖房のかけすぎにより湿度が下がりすぎることがあります。また、熱いお湯に入浴することなどにより、体があたたまり、かゆみが増します。

対策は、かゆみがほとんどない場合は、白色ワセリンなどの保湿剤によるスキンケアのみで十分ですが、悪化し、かゆみを伴う場合は状況によりステロイドの外用や抗ヒスタミン薬の内服が必要となります。外用剤はできれば朝晩2回、特に入浴後は入浴前と比べて極度に皮膚が乾燥するので、早めに(できれば15分以内に)外用することが大切です。また最も悪化させる要因は掻破ですが、入浴時にナイロンタオルなどでゴシゴシと強く洗うことは同様に悪化させるので禁物です。石鹸を良く泡立ててやさしく洗いましょう。よごれは十分に落ちます。

ざ瘡(にきび)

皮脂の分泌が過剰になると同時に、皮脂の出口である毛穴の部分が角化することにより、皮脂が毛穴の中につまってしまった状態からおこります。そして、つまった毛穴の中で、にきび菌などが繁殖して炎症を起こします。ホルモンの影響(特に男性ホルモン)やストレス、紫外線、いろいろな皮膚への刺激(化粧、乾燥、髪の毛などの接触、擦れ、皮脂分解産物など)がにきびの増悪因子として作用します。にきびの治療では、抗生物質、ビタミン剤の内服のほか、最近では毛穴のつまりを除去するような外用剤も使用します。上記の増悪因子を回避したり、生活習慣を改善することも重要です。

水虫

顕微鏡による診断をきちんと行った上で、内服・外用等個人個人に適した治療を行います。爪の色が濁っている、足の一部がかさかさして皮がむける等の症状があれば(かゆみがなくても)、自己診断せずに受診してください。

イボ

ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚や粘膜の基底細胞に感染することで生じるウイルス性イボと、皮膚の老化によって生じる老人性イボがあります。
液体窒素による治療が原則ですが、イボの種類や状態によっては、色素沈着を起こしたり、根治までに複数回治療を行う必要があります。

美容皮膚科

BBL光治療

BBLは、医療用のブロードバンドライトBroad Band Light (BBL)という光を利用し、しみやくすみ、そばかす、赤ら顔をはじめ、細かいしわやたるみなど、さまざまな肌のトラブルを改善することができる光治療器です。
米国で、このBBL光治療をメンテナンスとして長年使用することにより肌を若い状態に維持することができるという研究や、BBL治療は肌の遺伝子発現を若い状態に近づけるという医学研究が発表されるなど、優れたアンチエイジング治療機器として有名です。
この光は、黒い色素や赤い色素に反応する性質があります。表皮にあるメラニン色素に反応することで、広範囲のシミやくすみ、そばかすを薄くします。また肌のコラーゲンにも作用し、肌のハリ、小じわ、毛穴も改善します。相乗効果によって顔全体のトーンが上がり透明感のある肌に生まれ変わります。赤い血管にも反応するため、赤ら顔や赤みのあるニキビ跡にも効果が期待できます。回数を重ねることで肌全体の悩みを改善していくことができます。
また肌に優しい光であり、施術中は弾かれるような軽い刺激を感じる程度です。ダウンタイムがほとんどなく、施術直後からメイク可能ですので、気軽に施術を受けていただくことができます。
脱毛もこの機器で施術が可能になります。

Qスイッチルビーレーザー

ブロードバンドライトで根治しづらいシミやアザ(黒、青、褐色調のもの)などに有効です。一時的にかさぶたができたり術後の処置が必要となりますが、メラニン由来の物質に対して集中して組織を破壊することで大きな効果を得られます。

外用剤

ビタミンCローションやハイドロキノン軟膏があります。上記施術と併行して継続します。

自費料金

【自由診療料金】 ※表示料金は全て税込です。

■ 診察料:初診 3,170円・再診 810円

■ Qスイッチルビーレーザーによる、あざ・シミなどの色素性疾患の治療:
<1発(約5mm)1~33発まで> 11,000円
<34発~(1発追加につき)> 330円

※皮膚炎の方、日焼けをしている方・日焼けのご予定のある方、妊娠中・授乳中の方は施術をお断りする場合があります。
赤みや色素沈着を起こすことがあります。
施術回数は症状によって異なります。

■ シミ治療

  • ビタミンCローション(1日1~2回,約1カ月分):2,750円
  • ハイドロキノン(1日1回,1~数カ月):2,200円

※赤みや刺激が強い場合は使用を中止し、医師に相談してください。
強い紫外線を浴びると、シミが濃くなる場合があります。短時間でも日中外出の際は、SPF20以上のサンスクリーンを使用してください。

■ ピアッサーによるピアス穴あけ

  • 1~2箇所:8,150円

※専用の医療器具を使用し、滅菌されたピアスを使用しています。
施術後、経過観察として1カ月後に来院していただきます。

■ 巻き爪マイスターによる矯正治療

  • 1箇所:7,700円

■ 男性型脱毛症(AGA)内服薬(診察料込み)

  • プロペシア錠(28日分)初診:10,200円 再診:8,150円
  • フィナステリド錠(28日分)初診:7,200円 再診:5,100円
  • ザガーロカプセル(30日分)初診:10,200円 再診:8,150円

※主な副作用として、食欲減退・全身倦怠感(肝機能障害)・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状などの症状が出現する場合があります。
フィナステリドの服用中は、献血ができません。服用中止から1カ月以上経過していれば、献血が可能です。
ザガーロ服用中、およびザガーロを服用した最後の日から6カ月間は献血ができません
服用中は輸血ができません。内服開始後2週間~1カ月くらいで「初期脱毛」がおきる可能性があります。